WiMAXを使用してみて

男性

数年前までWiMAXを使用していました。価格コムからの2年縛りでUQWiMAXを申し込みました。主なきっかけは仕事用のノートパソコンを外出時に接続したいなあと思い、ネットをいろいろ見てWiMAXはどれがいいだろうと検索して決めました。

 

キャッシュバックもあったし、WiMAXがどんなものか試してみたいのもあって、軽いノリで導入。申し込むとすぐに到着。本体はカードサイズ並の大きさで小さいのですが厚みが少しありました。以下に使ってみた感想を述べていきます。あくまでも個人的な感覚で、しかも2、3年くらい前に使っていた機種のことなので今はどのように変わっているかわかりませんが、まず通信の速度です。

 

ノートパソコンで使っても問題ないスピードでした。とくにストレスなくふだん家で使っているのと変わらない感覚で使用できました。ただ場所によって電波の良い悪いがあって、また室内の奥まったところだと電波が入りにくかったような気がします。試しにAndoroidoスマホでも使用してみました。スピードテストのアプリで計測しても普段の速度より幾分はやい結果となりました。

 

速度に関しては場所さえ何とかすれば大丈夫だった気がします。(その場場所選びが手間なのだが)次に携帯性です。前述のとおりWiMAX本体の大きさはカードサイズ並(機種はいろいろ選べるので違うサイズのもあるようだが)でカバンに入れたり、ポケットに入れたりとサイズとしてはどこにでも入ります。デメリットはやっぱりかさばるし、2つ持つことに億劫を感じる点がある。

 

あとは夏はポケットに入れると暑い。まあ細かいのはチラホラありますが、2年だけ使ってみてやめました。月額の料金と比べてそこまでの頻度で使うこともなかったですし、別にWi-fiのある店に入れば済むことですし、WiMAXに関して自分にはメリットが無かったのが理由です。もっと多く外出先で高速通信を使う人には金額的にも導入するのもアリではないかと思います。

次に契約するならWiMAXを検討したいです

女性

2年前に現在の家に引っ越してきてから、インターネットの会社を3度変更し、現在は地元のケーブルテレビの光回線のインターネットを契約しています。私の現在住む自宅は、構造上簡単にインターネットの回線を接続できない状況にあります。

 

電気の線とインターネットの線をつなぐ箇所が同じになっており、法律上で二つの線を近くに持ってくることができないため、最初の工事は中断され、回線の中継地点として電柱を敷地内に建てて対応しました。最終的に工事を完了してインターネットが使用できるまで2か月以上もかかりました。その間インターネットは利用することができず、不便な生活を強いられていました。

 

また担当していた工事業者も現地調査不足で何度も工事を中断するなど、信頼できないところがあったので、結局は契約をキャンセルして現在の会社と契約しました。このように我が家はインターネットの導入工事がしにくい環境にあるため、これまでに何度かWiMAXのような無線のインターネットを契約しようかどうか検討してきました。

 

ただし自宅は地方都市の郊外にあり、簡単にWiMAXのような無線のインターネットは導入しにくいようです。長期にわたって工事を延期されていた時に、しびれを切らして別の無線のインターネットを導入している会社に変更したいと思い、使用できるか問い合わせたこともありましたが、不安定になってしまいそうなので利用をおすすめしないという返事があったので諦めました。

 

WiMAXの方は問い合わせたことがないのですが、インターネットで利用可能地域か調べてみたところ、一応可能ということがわかりました。現在利用している会社に不満が出たりするようなことがあれば、次はWiMAXを検討するかもしれないです。ひとつ気になるのは無線のインターネットは、一定のパケットを使用すると数日間は通信制限がかかってしまうという話を聞いたので、その面だけ解決すればぜひ契約してみたいと思います。

意外と便利ではあるが充電がもたない(女性/20代)

女性

私は、自宅でのインターネット使用目的にモバイルwifiを使用しました。引っ越しの関係で固定回線を使用するのが面倒になり、工事もせずに即利用できるのが魅力でした。申し込みも簡単にできますし、機械が届いたらすぐにネットがつながってよかったです。

 

ただ、使用開始前に不安だったのが、自宅内で安定した通信が可能かどうかという点でした。そのため、無料体験のwifiレンタルを行い、1週間試しました。問題なく使用できたため申し込むことができました。使用し始めて2か月程度になりますが、家でノートパソコン、スマートフォン2台の使用をしていますが、特にトラブル等はありません。

 

窓際にルーターを置いているのですが、時々通信状況が悪くなりますがワイヤレススイッチを入れなおすとすぐに戻ったりしますので、問題ないです。充電が必要なので、気づいたら切れていることもあります。自宅で使用するのであれば、充電はつなぎっぱなしでも良いように感じます。以前はモデムを自宅に置いていたため、配線がごちゃごちゃしていました。

 

しかし、wifiに変えてからはテレビの裏側などと合わせてもとてもコード類がすっきりしています。そしてどこにでもおけるコンパクトサイズなのもとても嬉しいです。そのおかげで掃除もとても楽になりました。有線のモデムからワイヤレスにしようと思うとプラスで料金がかかってきますが、こちらならプラス料金がかからずにいろいろな機種をつなげることができるのもメリットです。

 

結果的に家庭内でかかる通信費用を計算したときに、wifiを使った方が安くなる計算に私の家はなっています。料金面では、プロバイダー選びも重要です。各プロバイダーによって割引サービスやキャッシュバックがあるので、どのプロバイダーがいいか吟味する必要があります。私は、wifi初心者でしたので価格もある程度低いけれどもサービス・サポートも充実しているプロバイダーを選びました。

 

どんなに割引があっても、困ったときにサポートが悪いようでは利用し続けられませんので。大体のプロバイダーは2年契約で自動更新となっていて、2年以内にやめると違約金が発生することが多いです。違約金を払ってでもやめたくなるなんてことがないように、プロバイダーを選びました。

海外旅行で大活躍でした!

男性

新婚旅行でスペインに行ったのですが、ネットがつながらないと困るので日本の空港でモバイルwifiのルーターをレンタルしました。値段も一日1000円程度とリーズナブルでした。日本で使っているSIMカードは海外では使えなくなるので、一時は現地での使いきりSIMカードの購入も考えましたが、言葉も通じない場所でのSIMカード購入は敷居が高そうだと思い日本でのレンタルに切り替えました。

 

それにモバイルwifi用のルーターを借りれば妻と端末を繋いで使うことができて便利ですからね(実際便利でした)。スペインは初めて訪問する国、もちろん妻も私もスペイン語はまったくできません。しかも我々の新婚旅行はパックではなく、チケットだけ渡されて勝手に動くというフリープラン。しかも私は、どこに行くにもネットで情報を調べないと不安になるタイプ

 

まさにネット接続は生命線でした。なんといっても地図アプリがないと移動すらできません。また、タクシーに乗るとき、ホテルにチェックインするとき、レストランを利用するときには翻訳アプリが大活躍。最近は翻訳作業をサーバーサイドで行うアプリが多いのでネットワーク接続が必須でしたが、その分翻訳の精度は高く、こちらの言いたいことをほとんどそのまま翻訳してくれて非常に助かりました。

 

「スペインでも日本語だけで大丈夫じゃん?」という気持ちになってしまっていましたが、ある日うっかり充電を忘れモバイルルーターのバッテリーが切れそうになりました。途端に青ざめる自分。急におどおどしはじめた自分を妻は不審な目で見ています。「あ、あのあの…」「どうしたの、急にどもっちゃって?」「ルーターの電池が切れそうなんだよね…」「だからどうしたの?」「ネネネットが切れちゃうんだよ!!!」

 

とほとんど不審者状態になってしまった自分。焦ってホテルの方向に逃げ去ろうとしますが…その私の手を妻がガッチリ抑えて動きません。「これから行ってみたいマーケットがあるので、行きましょう!」なんと命のモバイルwifiが切れても妻はマーケットに行きたいらしいです…「で、でもネットがつながらないと翻訳アプリでも動かないし、地図もわからないよ…」

 

半泣きになりながらホテルに戻りたい意を告げますがあっさり却下され妻に引っ張られるような形でスペインの街に消えていく我々。結局、妻のボディランゲージにより難なく目的地は見つかり、商談までボディランゲージと片言の英語でこなす妻最強伝説を目の当たりにすることになった自分…驚くと共にネットワークがないと自分はいかに弱いか実感させられてしまいました…。

 

というわけで、モバイルwifiがないとまったくの役立たずに成り下がってしまった自分ですが、逆に回線がつながれば旅のガイドすら要らない旅程を楽しむことができました。教訓:モバイルwifiをレンタルしたときはモバイルブースターも忘れずに!以上スペインで難儀した自分からのアドバイスでした!